目立ついぼをラクラク治療【専門医院の利用がオススメ】

適切ないぼ治療を受ける

カウンセリング

複数のいぼを一気に治療

年齢を重ねると様々な肌の老化トラブルが起こりやすくなりますが、特に顕著になってくるのが首周りやデコルテ、顔などに出来やすくなる小さないぼの症状です。いぼが出来る原因は人によって異なりますが、摩擦や乾燥によって肌表面のコンディションが悪くなり古い角質がきちんと排出されずに肌に残ってしまうことで、肌表面に蓄積してしまうと老化性のいぼになってしまうことから主に30代以降の女性に起こりやすくなる老化トラブルの一つとして悩まれている方は増えています。市販されているいぼを改善するクリームや自分で切除してしまうという方もいますが、皮膚を柔らかくして除去し易い状態に整える役割にしかならないため、根本的な治療とはなりにくいですし無理に自分でいぼを切除してしまうと雑菌が入り込んで炎症を起こしたり色素沈着が起こる原因となる危険があります。そこで適切な治療を行うためにも美容整形外科などの医療機関を利用してレーザー治療を受ける方法が人気になってきています。今までは通常の皮膚科で液体窒素を利用した冷凍凝固法を利用する方法が多かったのですが、液体窒素を肌にあてる際に強い痛みが生じる上にいぼが出来ていない部位の皮膚まで低温やけどになってしまうことが多く、かさぶたが取れた後に色素沈着などの跡が残ってしまう危険があります。また冷凍凝固法の場合一度にケアが完了出来るわけではなく、肌に隆起した部分が残ってしまったらもう一度施術を受ける必要があるので何度か皮膚科に通ってケアを繰り返す面倒が出てきてしまいます。しかし美容整形外科で受けられるレーザー治療は、一度でいぼと皮膚のギリギリの部分を狙って少しずつ削っていく方法なので、一度の来院で確実に肌をきれいな状態に整えることが出来ますし、治療にかかる時間も短いため小さなポツポツが複数ある場合も一気に処置を行うことが可能なので、何度もクリニックに来院する面倒がなく忙しい生活を送っている方もスピーディーな治療をけることが出来ると人気になっています。またクリニックによっては液体窒素を利用したり、レーザー治療を受ける他にも保険診療内で受けられる内服薬の処方や、消毒液の原液であるグルタルアルデヒド、べセルナクリームなど肌に直接使用する薬品を利用する治療方法もあるので、いぼの症状に合わせて適切な治療を受けることが重要になります。またサイズが大きい場合は、レーザーや液体窒素を利用するよりもメスを利用して直接切除を行う場合もあるのでまずは医師に相談をすることが大切です。