目立ついぼをラクラク治療【専門医院の利用がオススメ】

いぼ治療でスベスベ肌

顔を触る人

頸部の複数のいぼをレーザー治療

30代以降になってから頸部を中心に小さな皮膚の塊であるいぼがポツポツと出来てきて、お手入れに悩んでいるという女性は少なくありません。いぼが出来る原因は様々ですが屋外に長時間いることの多い方などは紫外線対策をせずに紫外線を浴び続けていると、ダメージにより皮膚が酸化して老化するため若い世代の方でも屋外スポーツをされている場合などは首周りにいぼが複数出来てしまうことも珍しくありません。衣服やアクセサリーによって皮膚に摩擦を与えるのもいぼが出来る原因となるため、数が増える前に早めに治療を始めることがきれいな素肌を手に入れるためにも重要になります。中には糸でいぼをくくって皮膚細胞を死滅させる方法を行ったり、ハサミで切ってしまうという方もいますが、この方法の場合肌に負担がかかり色素沈着など跡が残りやすいことや、傷口から雑菌が入り込んで炎症を引き起こす危険があるため、無理に自己治療を行うよりも医療機関に相談をすることが重要になります。一般的に治療は皮膚科などで受けることが出来る液体窒素を利用した冷凍凝固法を利用する場合が多いのですが、最近では美容整形外科でレーザー治療を受ける方法が注目されています。何故美容整形外科が人気になってきているかというと、主に美容に関する様々な治療を受けることが出来る特徴があり、肌トラブルのプロフェッショナルの医師がいるため、肌の状態に合わせて適切な治療を受け、短期間できれいな素肌を手に入れることができる点が女性を中心に人気が高くなってきています。液体窒素を利用した治療方法は、保険診療内なので費用もリーズナブルでメリットがある反面液体窒素を含んだ綿棒を肌に押し当てる際にいぼ周辺の皮膚も低温やけどさせてしまう危険があり、いぼが綺麗に除去出来た跡に色素沈着が起こってしまうなど、仕上がりが美しくならないデメリットがあります。また一度の治療では完全にいぼが除去できない可能性があるため複数回同じ施術を繰り返す必要があるのです。そこで短期間で治療を完了することが出来て、肌への負担も少ない美容整形外科の医療レーザーを利用した施術が注目されています。施術には炭酸ガスレーザーと呼ばれる機器を利用し、0.5mmの小さなサイズから約2mm程度まで処置を行うことが出来るので、頸部に複数いぼが出来てしまっている場合でも短時間で全ての処置を行うことが出来るスピーディーなお手入れ方法が忙しく何度もクリニックに通うことが出来ない方に支持されています。